里ふくろう草紙(最新5タイトル)

7月のアブラゼミ

庭で空行く飛行機を眺めていた時、空からセミが落ちてきた。アブラゼミだった。

 

今はニイニイゼミのなく時期で、例年ならアブラゼミの姿はまだ見ることはない。こんな時期にアブラゼミをみるのは今までにないことだ。梅雨の季節なのに、これまで猛暑が続いていたから、真夏が来たとでも思って、穴から出てきて羽化してしまったのだろうか。

 

 

 

2024年07月14日

ひまわりガーデンなど

梅雨明けもまだしてないのに、佐倉市でも異常な高温が続きいていたが、やっと昨日になって最高気温が31度となり、今までよりは幾分過ごしやすくなった。

 

最寄り駅の改札を出た階段下に、ツバメの巣があった。

 

 

 

昼食はふるさと広場近くの「KuRuKuRu CAFE」、「野菜のトマトチキンカレー」(1,500円)ちょっとスープカレー近いような感じ、野菜がたくさん入っていて辛さも標準といったところか。空き家を改装したという店内は、落ち着いた感じでゆったりと過ごせる。

 

 

 

ひまわりの背丈が随分と伸びていた。

 

 

 

印旛沼サンセットヒルズから

 

 

2024年07月12日

火焔型土器

長岡といえばまず思い浮かぶのが花火大会そして縄文文化_火焔型土器、長岡駅に着くとこの二つが出迎えてくれる。

 

 

 長岡花火

 

火焔型土器が最初に出土(1936年)したのは長岡市の馬高遺跡、現在は長岡市馬高縄文館で展示している。また新潟県立歴史博物館では、多くはレプリカではあるが、さまざまな形状の火焔土器が常設展示されている。

 

 火焔型土器(ウィキペディア)

 新潟県立歴史博物館

   火焔土器の世界

 

 

 

 

2024年07月10日

明日から風車のひまわりガーデン

佐倉ふるさと広場で、明日から風車のひまわりガーデン開催される。開花状況を確認するため訪れてみた。

 

ほぼ満開だった。

 

 

2024年07月05日
» 続きを読む